【MARCH・関関同立・駅弁大】メガバンクの学歴フィルターについて

こんにちは。まさぽんです。

メガバンク勤務時代には、新卒採用にも携わる機会も頂き、多くの学生の皆さんとも面談させていただきました。

そんな、メガバンク勤務歴10年の私が、今日はメガバンクの学歴フィルターについて包み隠さず、解説したいと思います

学歴フィルターって?

まさぽん
学歴フィルターって、嫌なワードですよね。

学歴フィルターとは、日本の就職活動における企業側の採用戦略の一つです。特定の大学の出身者のみ選考に進むことができ、それ以外の大学の出身者は全員が自動的に足切りにあう、という手法です。

例えば、「当社は東大卒しかとらないので、それ以外の大学の学生が申し込んできても、書類も見ない、自動で落としている」といった選考方法のことです。

学生からの人気の高い、大企業が取り入れている手法です。企業側としては、表向きは「当社は人物重視の採用活動を行っており、学歴によって判断したりしない。」と必ずと言っていいほど、学歴フィルターの存在を否定しますが、人気の集まる大企業においてはまず採用されています。

そもそも何故学歴フィルターがかかるのか?

まさぽん
いやいや、学歴なんか、関係ない、俺を見てくれ!そう思いますよね?

では、何故学歴フィルターというものがあるのでしょうか。人気企業になればなるほど、応募数が何万件と膨大になります。人事採用担当も、それらをすべて見る時間は全くありません。その為、一定の基準を設けて、そもそも基準未達の人間については、書類も見ずに落とす、ということをやらざるを得ない、という事情があります。

もちろん、いわゆるFラン大卒業の人の中にも、勉強もでき、地頭も良く、アクティブで、色々な経験を積んできている、素晴らしい人もいると思います。ただ、何万人の中から、彼を見つけるのは非常に手間で時間がかかります。それこそ、砂漠で砂金を見つけ出すようなものでしょう。

一方で、東大卒ならどうでしょうか。アクティブさ、経験等は分かりませんが、少なくとも東大に入れた時点で勉強はでき、地頭は悪くないでしょう。その中から、良い人を見つける方が遥かに効率的ですよね。

これが、学歴フィルターが存在する理由です。人事採用担当だって、時間が無限にあれば、一人ひとり吟味して、学歴に関係なく、良い人を探したいと思っているはず。しかし、彼らもサラリーマンとして、プロとして、限られた時間の中で、仕事を行わないといけません。

これが、人気企業において、学歴フィルターが存在する理由になります。

メガバンクにおける学歴フィルターは?大学別で紹介

まさぽん
では、実際にメガバンクにおける学歴フィルターはどうなっているのか?

では次に、実際にメガバンクの就職活動(総合職として)において、学歴フィルターがどこの大学でかかっているのか。10年間における勤務経験で見聞きしたこと、経験したことを総動員して紹介したいと思います!※但し、あくまで、個人的な見解であり、個別事情でこの限りでは無い可能性も十分にあります。

MARCH・関関同立…◎:実績多数。全く問題ありません

このランクの大学は全く問題ありません。むしろ、メガバンク側も大量に採用しないといけない関係で、一番「数」の意味では期待されているゾーンと言えるかもしれません。一つの大学から数十人の内定が出ることもあり、入行後も同窓の職員がたくさんいることでしょう。

地方国立大学(いわゆる駅弁大)…〇:毎年何人か入行しています

このゾーンは数こそ、そこまで多くありませんが、毎年コンスタントに実績があります。入行後、同窓の職員は少ないかもしれませんが、特に不利、ということは無いでしょう。

日東駒専・産近甲龍…〇:ギリギリセーフ。高倍率だが、実績有

このゾーンがギリギリセーフです。実績はありますが、MARCHや関関同立と比べると採用数は少なくなります。中には、毎年1、2名の実績という大学もありますから、必然的に倍率は高くなってしまいます。

その他の大学…△:ポイントは大学OBが入行しているかどうか

大変残念ですが、日東駒専・産近甲龍より下の大学となると、基本的には学歴フィルターを通れない可能性が高いです。正直言って、私が採用に携わっていた時期も見かけませんでしたし、同期の中にもいなかったと思います。一つの目安、ポイントとしては、自分たちの1つ上、2つ上の世代で入行実績があるかどうかです。彼らが入行している実績があれば、チャンスはあります。また、もう一つの希望としては、メガバンク側も、採用人数を増やしたい年度等は、従来採用していなかった大学からの採用も始めることが時々あります。そういった場合には、前年度まで実績が無くても、チャンスがあるかもしれません。但し、いずれにしても、狭き門であることは確かです。

まとめ

今日は、メガバンクの新卒採用における、学歴フィルターについて解説しました。残念ですが、学歴フィルターは確かに存在していて、またそうせざるを得ない事情もあることが分かっていただけたのではないでしょうか。

但し、確かに学歴フィルターというものは存在していますが、それを乗り越えていく為の努力は無駄にはならないと思います。企業側だって、本当は学歴に関係なく、優秀な人を採用したいと考えているわけですから。

学歴は今更変えられないかもしれませんが、あなたを磨くことは今からでも遅くないですよね?少しでも自分を磨いて、悔いのない就職活動を送れるよう頑張って下さい。

以上まさぽんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です