【就活生必見/業界研究】実際の銀行業務内容(法人業務)について 番外編①

こんにちは。元メガバンカーのまさぽんです。

前回までの三部作で、実際の銀行業務について解説させていただきましたが、好評につき、今回は番外編ということで、前回までに入りきらなかった「ビジネスマッチング」業務を解説したいと思います。

尚、過去三部作をご覧になっていない方は下記リンクもどうぞ。

【就活生必見/業界研究】実際の銀行業務内容(法人業務)について 初級編 はこちら

【就活生必見/業界研究】実際の銀行業務内容(法人業務)について 中級編 はこちら

【就活生必見/業界研究】実際の銀行業務内容(法人業務)について 上級編 はこちら

実際の銀行業務 番外編①~ビジネスマッチング業務~

まさぽん
銀行の取引先同士を紹介するビジネスマッチングは、銀行員にとっても異業種の商談に同席できる、貴重な機会です。とても面白みのあるサービスだと思いますよ。

そもそも、ビジネスマッチングとは、という所から説明しますね。銀行が行うビジネスマッチングとは、銀行の取引先同士を紹介するサービスです。

具体的には、新たに販路拡大をしたい食品メーカーA社と、新しい商品を仕入れたいスーパーB社が居たとして、それがどちらも同じ銀行の取引先であった場合、銀行が間に入って、顧客同士を紹介をする、といった仕組みのことですね。

通常は、無料で提供しているサービス、且つ、顧客のニーズにダイレクトに応えるサービスなので、顧客満足度の高いサービスです。

銀行以外の事業会社が行っているビジネスマッチングサービスもありますが、銀行でのビジネスマッチングには、利用者側にとって、1つ大きな利点があります。

それは、銀行が紹介してくれる取引先なので、一応、それなりに信用のある会社の可能性が高いということです。やはり、銀行としても、紹介する手前、倒産寸前の会社や、評判の悪い会社は紹介できません。あとあと、紹介した責任を取れ!と言われたくありませんから。

また、近年、各銀行とも反社会的勢力との関係遮断に力を入れていますから、銀行の紹介先であれば、反社会的勢力等の怪しい人たちの可能性が低い、ということも言えると思います。

なので、銀行が紹介しても良いと思える取引先≒変な会社じゃない、という安心感、これは銀行のビジネスマッチングならでは、の利点と言えると思います。

ちなみに、先ほど基本的には無料のサービス、と言いましたが、この記事を読んでる皆さんの中には、「無料のサービスなら、銀行にはどんなメリットがあるのか?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、銀行も慈善事業やってるわけではありませんから、下心はあります笑 まず、一つ目の狙いとしては、顧客同士の商談が成功した場合、例えば、先ほどの食品メーカーA社は工場の設備を強化しようと考え、設備投資を行うかもしれません。これに対して、銀行は初級編で説明した「三大業務」の一つ、貸出業務で融資ができるかもしれません。

また、スーパーB社からは、新しくA社への代金支払の「振込」等を獲得できるかもしれません。以上のように、新しい商売が発生すると、おのずとそこに三大業務である「貸出」や「為替」のニーズが発生します。それを紹介した銀行は狙っているわけですね。

そして、二つ目の狙いとしては、「顧客に恩を売る」ことができるということです。ビジネスはギブアンドテイクですから、顧客に恩を売るというは非常に大事なことです。

紹介した結果、直接の商売に結び付かなくても、取引先を紹介してあげた、という事実は残りますから、いつか、この「ギブ」が顧客との取引上プラスに働くかもしれません。

初級編でも解説したように、悲しいかな、銀行というのはなかなか差別化が難しい商売です。特に基本的な商業銀行業務はどこの銀行で取引しても同じです。

そんな中、自分の銀行を選んでもらう為には、こうした、顧客に恩を売る、ギブをする、という動きも必要になってくるわけですね。

以上から、各銀行ビジネスマッチングは非常に力を入れているサービスです。

本業というわけではありませんが、非常に馴染みのある業務です。また、銀行員にとっても、異業種の商談に立ち会うことができるチャンスなので、とても面白い業務だと思いますよ。

まとめ

今回は、銀行の本業とは言えないものの、なじみ深い業務であるビジネスマッチングについて解説させていただきました。

私自身の経験からしても、非常にお客さんに喜んでもらえる、良いサービスだったと思います。取引先に訪問して、その取引先の業績を伸ばす為に、どういった会社に営業をかけていくか、その中に自分の銀行の取引先はあるのか、といったことを経営者と一緒になって考えたり、新製品の開発の為に足りない技術を補う為に、自分の銀行と取引しているベンチャー企業を紹介してみたりと、とても面白い、「ビジネス」が体験できると思います。

ただ、1点だけ、銀行にとってビジネスマッチングはあくまで二次的なサービスです。こればかりやってても、銀行の収益にはなりませんから、入行後、こればっかりやってると、まず間違いなく、上司に怒られちゃいますから、その点はご注意くださいね。笑

あくまで、最終的には銀行のビジネスに繋げる為のビジネスマッチングですから。

是非、生の体験を回りの先輩行員達にも聞いてみてください。もし、聞ける人がいないという方は、私に聞いていただいてもいいですよ。

是非、就活頑張ってください。以上まさぽんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です