【就活生必見/業界研究】実際の銀行業務内容(法人業務)について 初級編

こんにちは。元メガバンカーのまさぽんです。

就職活動は人生における一大イベントです。ミスマッチの無い、就職先を選ぶ為には情報が不可欠です。今回は、銀行への就職を検討している皆さんの参考になるよう、メガバンクに10年勤務した、まさぽんが実際の銀行業務について徹底解説します!

※今回は、主に法人(ホールセール)向け業務について解説しています。

実際の銀行業務について①~超基本の三大業務~

まさぽん
支店での窓口業務だけが銀行の業務ではありません。熱意は伝わりますが、支店訪問しても銀行業務への理解は深まりませんよ!

銀行業務について、まず絶対に押さえたい、銀行の三大業務が「預金業務」「融資(貸出)業務」 「為替業務」 です。

預金業務について

まず解説する必要がありませんが、銀行が提供する業務の内、もっとも皆さんにも関連しているのが、預金業務です。

預金者からお金を預かり、金額、期間に応じた金利を付与し、請求に応じて払戻しを行う。ごくごくシンプルな業務ですね。

融資(貸出)業務について

先ほどの預金業務で預かったお金はそのまま金庫にしまっておくわけにはいきません。皆さんから集めたお金を原資に、銀行はお金を必要とする個人や法人に貸出を行っています。

例をあげるなら、個人の住宅ローンがそうですね。住宅を買いたいが、手元にまとまった資金が無い個人に対して、融資を行い、何年か、あるいは、何十年かで返済をしてもらう。それだけでは、ボランティアですから、一定の金利をつけて、返してもらう。この金利が銀行の収益になるというものです。融資額は1件あたり数千万~数億円というイメージでしょうか。

法人の場合は、事業に必要な運転資金や工場建設等の設備資金、不動産購入資金等で銀行から融資を受けるケースがよくみられます。法人融資の場合、1件あたり地方の中小・中堅企業宛で数千万~100億円程度。上場企業クラス宛になれば数十億円~数千億円というイメージになります。

※地方銀行・信用金庫も同じですが、メガバンクに比べて相対的に地方銀行・信用金庫では数百億円以上の融資は難しいです。

為替業務について

為替というとやや難しいですが、要は「振込」等の資金移動業務です。「振込」だけではなく、「約束手形」の取立や決済等も行います。これも銀行の大切な収益源です。皆さんの振込の際に、振込手数料を頂きますから、それが銀行の収益になっています。

以上が三大業務になります。なので銀行で法人向けの営業を行う場合は、まずは、法人から預金を預けてもらったり、必要な資金の貸出(融資)を提案したり、取引先への振込を自分の銀行を使ってもらうように交渉したり、というのがベーシックな営業活動になります。

この中では特に貸出業務が重要視されており、また、銀行員の醍醐味でもあります。お金に色はありません。どこの銀行から借りても100億円は100億円です。この100億円を自分の銀行から借りてもらうように工夫するのが、銀行員の腕の見せ所です。それまで築いてきた顧客との関係性、貸出の条件、プレゼンの仕方。自分のアレンジが、取引の成否を大きく左右するからこそ、銀行員としての力量が試されるわけですね。

実際の銀行業務について②~その他の業務について~

まさぽん
残念ながら、預金を預かって、貸出を行い、その利ザヤだけで儲かる時代は終わりました。

先ほどの三大業務は非常に重要な業務です。特に貸出業務は今でも銀行の注力業務の一つです。しかし、それだけでやってれば儲かる時代は残念ながら終わりました。昔の銀行は、皆さんから預かった預金を原資に個人や法人に貸出を行うだけでめちゃくちゃ儲かってました。

今では考えられませんが、バブル時代の定期預金の金利は5.0%、6.0%もざらでした。その分、貸出金利も高く、住宅ローンで8.0%というもののありました。そうすると、皆さんから5%で預かったお金を、誰かに8%で貸し、差額の3%を儲けとする。こういうビジネスが成り立っていました。

しかし、今は空前の低金利時代。大手都市銀行の定期預金は0.002%しかつきませんが、住宅ローンの金利も新規だと1%以下という時代なので、銀行の利ザヤも1%未満です。なので、銀行も基本の三大業務以外にもいろいろな業務を展開するようになっています。

具体的には、外国業務や投資銀行業務と呼ばれる業務です。今の銀行員は三大業務の営業活動を行いつつ、こうした様々なサービスの営業を行っています。その範囲は非常に広いので、詳しくは次回以降、また解説したいと思います。

【就活生必見/業界研究】実際の銀行業務内容(法人業務)について 中級編 はこちら

【就活生必見/業界研究】実際の銀行業務内容(法人業務)について 上級編 はこちら

まとめ

今回は元銀行員として、銀行業務の基本中の基本を解説させていただきました。私も過去何度も銀行への就職を希望する学生に会いましたが、華やかな業務に目が行きがちで、この基本業務をしっかり理解している学生が少なかった印象です。

ですので、ここをしっかりと理解しておくことは業界研究としても非常に重要だと思いますので、是非ご参考になさってください。

ぜひ頑張ってください。以上まさぽんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です