【大人の嗜み】ウイスキーの基本と種類について/ハイボール好きも必見

こんにちは!まさぽんです。

みなさん、飲み会では、何を頼まれますか?一杯目はやっぱり、ビール。二杯目以降は、ハイボール、という方も結構おられるのでは無いでしょうか。

でも、ハイボール好きの方でも、意外とウイスキーのことをよく知らない、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。今日は、ウイスキーについて、押さえていきたいポイントだけ簡潔に解説したいと思います!

そもそもウイスキーとは?ウイスキーたらしめる3つの定義

まさぽん
ウイスキーを嗜む男。なんかかっこいいですよね笑

そもそもウイスキーとは。こう聞かれると、なかなか答えに窮しますよね?笑 一般的にウイスキーの定義とは下記の通りになります。

ウイスキーとは
①「穀物」を原料とする、②「蒸留酒」で、③「樽で熟成」されたもの、と定義づけられています。

ウイスキーの原料に使われる代表的な「穀物」は、モルト(大麦麦芽)、トウモロコシ、ライ麦、小麦等です。

それらの原料を発酵させ、蒸留(ざっくり、熱して→冷まして→濃縮)、樽で熟成させるとウイスキーの完成です!

※蒸留酒に対して、発酵だけで作られるお酒を「醸造酒」といいます。

代表的な蒸留酒:ウイスキー、ブランデー(原料:ぶどう)、焼酎(原料:芋、麦等)等

代表的な醸造酒:ワイン(ブドウを発酵)、日本酒(米を発酵)、ビール(麦を発酵)等

蒸留するとアルコール濃度が高くなるので、醸造酒に比べ、蒸留酒の方がよりアルコール度数が高くなるという特徴もあります。

ウイスキーの種類!原料別の種類分け

ウイスキーの原料と作られる工程について、ざっくり分かったと思います。

次は、ウイスキーの種類について、基本としては、「モルトウイスキー」「グレーンウイスキー」「ブレンデッドウイスキー」の3種類に分けられます。

「モルトウイスキー」とは、文字通り、モルト(大麦麦芽)が100%使われたウイスキー。対して「グレーンウイスキー」とはモルト以外の原料も使われているウイスキーのこと、「ブレンデッドウイスキー」とはそれらを混ぜた(ブレンド)ウイスキーのことを指します。

要はモルト100%か、そうではないのか、で種類分けができるということです。

これだけであれば、何とか覚えられそうですよね笑

本来はより細かい種類分け(トウモロコシで作れば「コーンウイスキー」等)もありますが、基本を抑える程度であれば上記の3つで構わないと思います!

ちなみに、ハイボールを作る際によく使う「サントリー角瓶」や「トリス」はブレンデッドウイスキーです。ブレンデッドウイスキーは、モルトウイスキーに比べ、マイルドで万人受けしやすいと言われています。

ウイスキーの種類!産地別の種類分け

ウイスキーは先ほどの原料別の分け方の他に、もう一つ、産地でも種類分けができます。下記の5つの産地が有名で、世界5大ウイスキーと言われています。

アイリッシュウイスキー(産地:アイルランド)

ウイスキーの発祥の地(※後述のスコットランドという説も有り)とも言われる伝統ある産地。特徴として、スコッチウイスキー等は原料を乾燥させる際にピート/泥炭(炭化が進んでいない石炭)の煙を利用する為、ウイスキー特有のスモーキーさが生まれる一方で、アイリッシュウイスキーではピートが使われない為、スモーキーさは無く、穀物本来の香りが豊かで、軽やかな味わいに仕上がっています。

ウイスキー特有のスモーキーさ(正露丸のような匂い、というと怒られますね)が苦手な方におすすめです!

代表的な銘柄は「 ジェムソン」「ブッシュミルズ」等。

スコッチウイスキー(産地:スコットランド)

世界のウイスキー生産量の半分以上を占める、ウイスキーの代表格。スコットランドには100の蒸留所があり、それぞれ特徴的なウイスキーを生産しています。ウイスキーといえば、まずスコッチです。それくらい、世界中の人々に愛飲されています。やはり、なんといっても特徴は、ピートの煙による、独特のスモーキーなフレーバーです。

銘柄は「ジョニーウォーカー」「マッカラン」「バランタン」「グレンフィディック」等

ジャパニーズウイスキー(産地:日本)

われらが日本のウイスキー。元々スコッチウイスキーを手本に作られたと言われています。しかし、ピート由来のスモーキーさがきつすぎると、日本人受けしない為か、日本人向けに、スモーキーなフレーバーはやや抑えられているのが特徴です。

代表的な銘柄は「ブラックニッカ」「サントリー角瓶」「トリス」「山崎」「響」等

アメリカンウイスキー(産地:アメリカ)

アメリカで作られるウイスキーを総じてアメリカンウイスキーといいますが、その中でも有名なのはトウモロコシを主原料として作られる「バーボンウイスキー」(ケンタッキー州バーボン郡で作られる、原料の51%以上がトウモロコシであるウイスキー)です。バーボンウイスキーはバニラやカラメルのような甘い風味が特徴です。

これは、通常ウイスキーは熟成させる時には中古の樽を使いますが、バーボンの場合新品の樽をバーナーで焦がしてから使います。この過程で出る「バニリン」という成分が甘い風味のもとになっています。

代表銘柄は「ジムビーム」「ジャックダニエル」「I・W・ハーパー」等

カナディアンウイスキー(産地:カナダ)

ウイスキーの産地としては、後発のイメージですが、実は世界第二位の生産量を誇る、一大生産地です。五大ウイスキーの中で最も軽いと言われており、その飲みやすさから、ライトウイスキーとして人気を集めています。アイリッシュウイスキーもライトでマイルドですが、よりその傾向が強いと言えます。

代表銘柄「カナディアンクラブ」「アルバータ」「クラウンローヤル」等

まとめ 最低限押さえたいポイントだけ押さえよう!

いかがでしたでしょうか。ウイスキーというのは本来、非常に奥深く、全部解説するときりがありません笑

ただ、教養としては、今回解説した種類分け3つ、及び、産地分け5つさえ、押さえられれば、とりあえずは十分なんじゃないかと思います。今回の記事を見て、より興味を持った方は是非ご自身でも飲み比べしてみてくださいね。

以上まさぽんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です