【ネタバレ無し】スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け あらすじと感想

(この投稿記載の配信情報等は2020/4月執筆時点の情報です)

こんにちは。まさぽんです。

私の大好きな、スターウォーズサーガ 完結編 スカイウォーカーの夜明けが4/8からU-NEXTで配信開始されましたので、内容や魅力をガッツリご紹介したいと思います。

あらすじ
はるかかなたの銀河系で繰り広げられる、光と闇の戦い。ダースベーダーの遺志をつぐカイロ・レンとルーク・スカイウォーカーの遺志をつぐレイ。そして、レイを助ける、ポー・ダメロン、フィン等新しいレジスタンスの仲間に加え、レイアや、ハン・ソロの盟友ランド・カルリジアン等旧作の英雄も登場。新旧の英雄達が織りなす物語、ついに、スターウォーズサーガ完結!

私は、昨年の公開日当日に劇場で鑑賞しましたが、率直な感想として、めちゃめちゃよかったです!

2005年に一旦完結を見た(と思われた)スターウォーズシリーズでしたが、10年後の2015年にエピソード7フォースの覚醒を公開し、いわゆる続三部作(シークエル・トリロジー)がスタート。

従来のファンから賛否両論がある中、また、旧作の世界観が壊されないか、という心配もしながら、でしたが、結果的には、この完結編にて、非常にうまくまとめてくれました。旧作を無視せず、かといって、保守的すぎず見事なバランスだったと思います。

正直、個人的には前作のエピソード8はあまり好みでなく、本作に対しての期待値も少し下がっていたました。しかし、あえて言いますが、エピソード8が微妙だった方にこそ、是非本作は見てほしい!見終われば、とても気持ちのいい、しめくくりとしてふさわしい映画になっていると思います。

見終わった後、続編が無いと思うと、人生の楽しみが一つなくなってしまったような、そんな気持ちになりました。笑 是非、見てない方は、一度見てみてください。

以上、映画大好き、まさぽんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です